overview

組織概要

中心市街地活性化協議会とは

まちづくり3法(「改正都市計画法」「中心市街地活性化法」「大規模小売店舗立地法」)の見直しにより、平成18年8月22日に施行された「改正中心市街地活性化法」において、地域がより一体となってまちづくりを進めていくための新しい組織として「中心市街地活性化協議会」が法制化されました。

この「中心市街地活性化協議会」は、市町村が策定する「中心市街地活性化基本計画」に意見を述べ、また、各種事業の検討・調整・実施等により、中心市街地活性化に寄与することを目的とした、重要な役割を担う組織です。

青森市中心市街地活性化協議会は、青森商工会議所並びに青森駅前再開発ビル㈱(まちづくり会社)が中心となり、平成18年11月24日に発足しました。

組織概要

設 立
平成18年11月24日
会員数
37名(令和2年4月1日現在)
役 員
  • 会 長西  秀記 青森商工会議所副会頭
  • 副会長井上  隆 青森大学付属総合研究所 顧問
  • 副会長加藤  博 青森市まちづくりあきんど隊 隊長
  • 監 事川島 芳正 (一社)青森県建築士会 会長
  • 監 事竹内 慎司 あおもり創生パートナーズ(株)
事務局
青森商工会議所

会議の構成

タウンマネージメント会議(随時開催)

役割
①各種プロジェクトの調整等
構成
タウンマネージャー、協議会会員 、事業主体関係者、行政 等

運営委員会(随時開催)

役割
①中心市街地活性化に係る総合調整・事業等について協議・決定、②タウンマネージメント会議の統括 等
構成
会長指名により総会において選任された会員

総会(年1回開催)

役割
①事業報告・決算承認、②事業計画・予算、③役員選任 等
構成
全会員 37名
SNS

中活公式SNS